住宅ローンシミュレーション 634

634くん住宅ローンとキャッシングの借入条件

借金はあまりしないという人でも、住宅ローンはマイホームを購入するときには
ほとんど全ての人が利用せざるを得ません。ただ、住宅ローンは低金利で長期間、
高額の融資を受けることになりますので、借入条件はどうしても厳しくなりがちです。

購入する住宅を担保に入れますが、支払いが終わるころにはほとんど建物の価値が
なくなってしまうことも多く、不動産担保としての価値はあまり重視されません。
むしろ、完済までの間、債務者に支払い能力があるかということが重要になりますので、職業や年収、勤続年数、家族構成、他の借入などについて精査されます。

住宅ローンの場合には、融資をする銀行等だけでなく、
保証会社や団体信用生命保険でも審査を行いますので、
融資の可否決定までに時間もかかりますし、どうしても厳しい判断になりがちです。

キャッシングという融資の特徴

一方、キャッシングでは住宅ローンのような厳しい借入条件はなく、
基本的には安定した収入があり、金融機関が独自に定めた
範囲内の年齢であれば融資可能となっています。
無担保で使い道も自由な融資ですが、
借入条件がほとんどない代わりに金利は高くなっており、
住宅ローンの10倍近いこともあります。

ただ、住宅ローンと違って繰り上げ返済をするときの手続きや
手数料等も不要ですし、日割り計算で利息を出していますので、
給料日前や手元に現金がないときに利用するなど、
すぐに返済することを前提で借り入れをするときに特に便利です。

住宅ローン支払い中でも借りられる

キャッシングでも他社からの借り入れについての審査は行われますが、
住宅ローンはほとんどの人が利用している借入ですので、
ローンを支払っていてもなお返済できると判断されれば
問題視されることはありません。

また、住宅ローンは総量規制の対象外の融資になっているため、
利用限度額にも影響ありません。
ローンの返済中は手元に現金が足りなくなることも多いですが、
それぞれの特徴をよく把握して、
上手に利用しながら全て返していくようにしましょう。