住宅ローンシミュレーション 634

634くん安全な住宅ローンの条件とは

安全な住宅ローンの条件とは何なのでしょうか。
住宅ローンは家を買うためには欠かせないものですが、
長期的な返済になるからこそ不安がつきものです。

今のところは返済できる見通しがあっても、
将来的に何が起こるのかわかりませんので、
万が一のことがあっても大丈夫なように、
安全な住宅ローンを選ばなければいけません。

リスクを回避できるかどうか

世帯主が住宅ローンの返済までに、
亡くなってしまったときのリスクを考えて
保険のついている住宅ローンを利用すると安心です。

もしも世帯主が亡くなってしまったとしても
保険によって残りのローンを支払うことができます。
ですので残された家族は家を失うことはありません。

このようなローンにしておかなければ、
万が一のことがあった時に家族は家を失いますし、
さらに残りのローンが家を売ったお金で
完済できない場合には残債が残ってしまうのです。
そうなるともう家計が破たんしてしまいます。

審査が甘い場合は危険?

また安全な住宅ローンかどうかの判断基準は審査でもわかります。
甘いところは金利が高いことが多いですし、実は危険なことも多いのです。

途中で住宅ローンが返済できなければ大変なことになってしまいますので、
安全な住宅ローンという点を重視して審査の厳しいところで審査を受けてください。
大きな借金を背負うくらいであれば家は買わないという選択もあります。

審査に通らなければ通らないで別の生き方もありますし
無理に買おうと思わないでください。
何よりも安全に返済をすることが大事です。