住宅ローンシミュレーション 634

634くん金利低い住宅ローンを選ぶためには

人生でもっとも大きな買い物といわれている住宅。
そんな住宅を購入する際には、とってもニコニコ一括現金払いではできません。
ほとんどの人は、銀行のローンを利用することとなっております。
銀行で利用するローンで住宅関連となりますと、
真っ先に思い浮かべるのが住宅ローン。
そんなローンですが、金融機関によって金利低い、高いなどの差があり、
商品の内容なども異なります。

しかし、支払う金額の大きくなる住宅ローンですから、
やはり金利低いということを重視して選ぶ必要があるでしょう。
それ以外の要素というのは、おまけ程度です。
住宅ローンで金利低いということになりますと、
変動金利のローンということになります。

変動金利と固定金利について

変動金利というのは、景気状況などに応じて金利が
見直されているローンのことです。
大まかな傾向としては、人が多くお金を借りてくれる好景気の時には、
金利が高くなり、人があまりお金を借りてくれない不景気のときには、
金利低いというのが一般的な傾向です。
金利変動のリスクがありますので、長期的な計画を立てるのには
不向きという声もあります。

変動金利以外にも、固定金利というのがあります。
固定金利というのは、景気の変動に関らず金利は一定というものです。
その代わり、概して金利が変動金利よりも高いです。
しかし、タイミングをうまくすれば、これほど有利な金利はありません。
今後好景気が見込まれる状況に固定金利を利用すれば、
結果的に金利低いというのです。